リセの月エラッタ ⇒2010年08月02日付けエラッタ

2010年08月02日付けエラッタ

なんかものすごく久々にまともなレベルのエラッタが出た気がするぜ。



CH-2636 バトラ    <高レベルのエラッタ>
変更前
特殊能力使用代償:[T]

変更後
特殊能力使用代償:[T][無][無][無] このキャラを持ち主の手札に入れる。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

能力使用の為に無3コストと自身を手札に戻すが加わった。
多色カードだから出すのが大変な上に、
それを手札に返す必要があるから完全に使いものにならなくなった。


EV-0332 シャイニング・トラペゾヘドロン    <高レベルのエラッタ>
変更前
相手は、このイベントの宣言に対応して宣言できない。
自分のデッキの内容を公開する。
相手は[コンバージョン]キャラを除くキャラ1体を選び、横に置く。
デッキをシャッフルする。
自分はそのキャラを使用代償を支払わずに空き味方フィールドに登場する。
そのフィールドがそのキャラのフィールド制限の登場可能フィールドに
含まれない場合も登場できる。
ターン終了時まで「シャイニング・トラペゾヘドロン」の効果は
処理されない。
※このイベントは使用後、ゴミ箱に置かれず、ゲームから取り除かれる。

変更後
相手は、このイベントの宣言に対応して宣言できない。
自分のデッキの内容を公開する。
相手は[コンバージョン]キャラを除くキャラ1体を選び、横に置く。
デッキをシャッフルする。自分はそのキャラを使用代償を支払い、
空き味方フィールドに登場する。
そのフィールドがそのキャラのフィールド制限の
登場可能フィールドに含まれない場合も登場できる。
ターン終了時まで「シャイニング・トラペゾヘドロン」の効果は
処理されない。(1ゲームに1回まで使用可能)
※このイベントは使用後、ゴミ箱に置かれず、ゲームから取り除かれる。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

1ゲーム中に1回までとなり、登場にコストを払うことが必要となった。
完全に紙カードとなりお亡くなり。
これがまともなデッキを潰し、環境を崩壊させたカードへの報いだ。


IT-0100 テラーのマテリアル    <高レベルのエラッタ>
変更前
このキャラは次の特殊能力を得る。
この特殊能力はターン進行中プレイヤーが使用できる。
非ターン進行中プレイヤーは使用できない。
このアイテムが場から取り除かれたとき、
このキャラをゲームから取り除く。

テラーのマテリアル [0]
バトル中に使用できない。
このキャラ空き味方フィールドに移動する。
行動済み状態のこのキャラを未行動状態にする。
(1ターンに1回まで使用可能)
※補足
移動したキャラは自分が使用します。
破棄された場合、持ち主のゴミ箱に置かれます。

変更後
このキャラは次の特殊能力を得る。
この特殊能力はターン進行中プレイヤーが使用できる。
非ターン進行中プレイヤーは使用できない。
このアイテムが場から取り除かれたとき、
このキャラをゲームから取り除く。

テラーのマテリアル [0]
バトル中に使用できない。
このキャラを空き味方フィールドに移動する。
(1ターンに1回まで使用可能)
※補足
移動したキャラは自分が使用します。
破棄された場合、持ち主のゴミ箱に置かれます。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

能力が対象を取らなくなり、移動しても起きなくなりました。
上2枚とのエラッタと合わせてテラペゾデッキの中核が完全に死亡。
やっとまともなリセを出来るようになりました。


CH-1514 ソフトボール部・3人娘   <低レベルのエラッタ>
変更前
自ターン中に使用する。
自分の場に「笹瀬川 佐々美」が登場している間に使用する。
このキャラはターン終了時まで
[デッキ・ボーナス:[相手のデッキを2枚破棄する。]]を得る。
このキャラを味方「笹瀬川 佐々美」1体に隣接した
空き味方フィールドに移動することができる。
(1ターンに1回まで使用可能)

変更後
自ターン中に使用する。
自分の場に「笹瀬川 佐々美」が登場している間に使用する。
このキャラはターン終了時まで
[デッキ・ボーナス:[相手のデッキを2枚破棄する。]]を得る。
このキャラを味方「笹瀬川 佐々美」1体に隣接した
空き味方フィールドに移動することができる。
(1ターンに1回まで使用可能)
※このキャラは「川越令」「渡辺咲子」「中村由香里」と
同姓同名として扱う。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

同姓同名のキャラとして扱う、が追加されました。
特に突っ込む部分もなし。


CH-2062 超昴閃忍 ハルカ   <低レベルのエラッタ>
変更前
このキャラが登場したとき、相手AF1つを指定する。
このキャラが登場している間、そのフィールドにキャラが登場したとき、
そのキャラを破棄する。
相手のイベント・基本能力・特殊能力によって、
このキャラが場を離れたとき、
自分のゴミ箱の「閃忍ハルカ」を
このキャラの登場していたフィールドに登場する。
※このキャラは「閃忍ハルカ」をコンバージョン構成キャラに指定できる。
※このキャラは「鷹守ハルカ」と同姓同名として扱う。
※このカードは別番号の同名カードとは別にデッキに4枚まで入れることができる。

変更後
このキャラが登場したとき、相手AF1つを指定する。
このキャラが登場している間、そのフィールドにキャラが登場したとき、
そのキャラを破棄する。
相手のイベント・基本能力・特殊能力によって、
このキャラが場を離れたとき、
自分のゴミ箱の「閃忍ハルカ」を
このキャラの登場していたフィールドに
[コンバージョン]処理を行わずに登場する。
※このキャラは「閃忍ハルカ」をコンバージョン構成キャラに指定できる。
※このキャラは「鷹守ハルカ」と同姓同名として扱う。
※このカードは別番号の同名カードとは別にデッキに4枚まで入れることができる。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

効果での閃忍ハルカ登場の際の、
[コンバージョン]処理を行わず〜
の一文が追加。


CH-2101 超昴閃忍 ナリカ   <低レベルのエラッタ>
変更前
このキャラが攻撃しているバトルのサポート宣言開始時、
対戦キャラが元の基本能力を持つ場合、
このキャラを未行動状態にすることができる。
相手のイベント・基本能力・特殊能力により、
このキャラが場を離れたとき、
自分のゴミ箱の「閃忍ナリカ」を
このキャラの登場していたフィールドに登場する。
※このキャラは「閃忍ナリカ」をコンバージョン構成キャラに指定できる。
※このキャラは「四方堂ナリカ」と同姓同名として扱う。
※このカードは別番号の同名カードとは別にデッキに4枚まで入れることができる。

変更後
このキャラが攻撃しているバトルのサポート宣言開始時、
対戦キャラが元の基本能力を持つ場合、
このキャラを未行動状態にすることができる。
相手のイベント・基本能力・特殊能力により、
このキャラが場を離れたとき、
自分のゴミ箱の「閃忍ナリカ」を
このキャラの登場していたフィールドに
[コンバージョン]処理を行わずに登場する。
※このキャラは「閃忍ナリカ」をコンバージョン構成キャラに指定できる。
※このキャラは「四方堂ナリカ」と同姓同名として扱う。
※このカードは別番号の同名カードとは別にデッキに4枚まで入れることができる。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

こちらもハルカと同様に
[コンバージョン]処理を行わずに〜
の一文が追加。


CH-2166 麻生 すみれ   <低レベルのエラッタ>
変更前
相手の基本能力・特殊能力によってデッキが破棄されるとき、
破棄を処理しないことができる。
処理しないとき、この特殊能力はターン終了時まで失われる。

変更後
相手の元の基本能力・特殊能力によってデッキが破棄されるとき、
破棄を処理しないことができる。
処理しないとき、この特殊能力はターン終了時まで失われる。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

効果の適用範囲が「元の」基本能力・特殊能力に変更。
他のカード効果で得た基本能力が対象外になるとか
どう考えても高レベルエラッタに含まれるだろ・・・。
例:特殊能力で得たデッキ・ボーナスやアイテムなどで得させたタックス・ウェイクアップなど


CH-2183 鳴風 みなも   <低レベルのエラッタ>
変更前
このキャラのサポートは隣接していないキャラにも使用できる。
このキャラのサポートを宣言したとき、対象のキャラにDP+1する。
サポートを使用したとき、
この特殊能力はターン終了時まで失われる。
※このカードは別番号の同名カードとは別に
デッキに4枚まで入れることができる。

変更後
このキャラのサポートは隣接していないキャラにも使用できる。
このキャラのサポートを宣言したとき、対象のキャラにDP+1する。
このキャラのサポートを使用したとき、
この特殊能力はターン終了時まで失われる。
※このカードは別番号の同名カードとは別に
デッキに4枚まで入れることができる。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

サポートを使用した時→「このキャラの」サポートを使用した時に変更。
これにより他の味方キャラがサポートを使用した為、
このキャラの特殊能力が消える、といったことが無くなった。


CH-2612 ガートルード   <低レベルのエラッタ>
変更前
相手ターン開始時、自分の手札が4枚の場合、
自分のデッキから1枚ドローすることができる。
変更後
相手ターン開始時、自分の手札が4枚の場合、
自分のデッキから1枚ドローすることができる。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

なぜか常時型の効果なのに対象を取っていた。
テキストの印刷ミスですね、わかります。


CH-2824 山辺燈   <低レベルのエラッタ>
変更前
このキャラのサポートを宣言したとき、
対象のキャラにDP+1・SP+1する。
この特殊能力はターン終了時まで失われる。
そのキャラが「聖痕のクェイサー」キャラの場合、
このキャラを未行動状態にすることができる。
未行動状態にしたとき、自分のゴミ箱のカードをランダムに2枚、
持ち主のデッキの一番下に置く。
変更後
このキャラのサポートを使用したとき、
対象のキャラにDP+1・SP+1する。
この特殊能力はターン終了時まで失われる。
そのキャラが「聖痕のクェイサー」キャラの場合、
このキャラを未行動状態にすることができる。
未行動状態にしたとき、自分のゴミ箱のカードをランダムに2枚、
持ち主のデッキの一番下に置く。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

宣言したときのタイミングから使用したときのタイミングに変更。
宣言時だとまだ行動済みになってないから
起きれないということがあったので、これはごく普通なエラッタ。



CH-2830 エヴァ=シルバー   <低レベルのエラッタ>
変更前
このキャラの参加しているバトル中に使用する。
自分の「エヴァ=Q」または自分の「エヴァ=R」1体
ゲームから取り除く。取り除いたとき、このキャラを未行動状態にする。
このバトルの結果、このキャラはダウンしない。
(1ターンに1回まで使用可能)
変更後
このキャラの参加しているバトル中に使用する。
自分の「Q」または自分の「R」1体をゲームから取り除く。
取り除いたとき、このキャラを未行動状態にする。
このバトルの結果、このキャラはダウンしない。
(1ターンに1回まで使用可能)
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

「エヴァ=Q」&「エヴァ=R」なんて名前のカードは存在してなかった。
そういうことです。


CH-2857 敷島クルル   <低レベルのエラッタ>
変更前
このキャラが登場したとき、
自分の手札のEXが2のカード1枚を破棄することができる。
破棄したとき、自分のデッキの[雪]属性の
使用代償がコスト3点以上のイベント1枚を
持ち主の手札に入れることができる。
※このキャラは別番号の同名キャラとは別に
4枚までデッキに入れることができる。

変更後
このキャラが登場したとき、
自分の手札のEXが2のカード1枚を破棄することができる。
破棄したとき、自分のデッキの内容を見て、
[雪]属性の使用代償がコスト3点以上のイベント1枚を公開し、横に置く。
デッキをシャッフルする。
そのカードを持ち主の手札に入れることができる。
※このキャラは別番号の同名キャラとは別に
4枚までデッキに入れることができる。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

そうだね。デッキからカードをサーチした後は、
ちゃんとデッキをシャッフルしないと駄目だよね。


CH-2924 荷嶋深歩   <低レベルのエラッタ>
変更前
相手のイベント・特殊能力・特別処理によって、
味方キャラが行動済み状態になったとき、
相手は手札を1枚破棄する。
破棄したとき、この特殊能力はターン終了時まで失われる。
変更後
相手のイベント・特殊能力・特別処理によって、
味方キャラが行動済み状態になったとき、
相手は相手の手札を1枚破棄する。
破棄したとき、この特殊能力はターン終了時まで失われる。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

誰が手札を破棄するのかが明確になりました。


EV-0493 告白   <低レベルのエラッタ>
変更前
自分の手札のキャラを好きな枚数破棄する。
破棄した枚数よりEXの低いキャラ1体を破棄する。
変更後
自分の手札のキャラを好きな枚数破棄する。
キャラ1体を指定する。
破棄した枚数よりそのキャラのEXが低い場合、そのキャラを破棄する。
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

変更前だと、対象決定時点ではこのイベントの効果での手札破棄を
してないので対象決定が出来ずイベントの発動自体が出来ませんでした。


CH-2613 コーネリア   <誤植訂正>
変更前
このキャラが参加しているバトルのサポート宣言開始時、
自分のデッキを1枚破棄することができる。
破棄したとき、対戦キャラの元の基本能力の数だけ、
相手キャラ1体にAP−1・DP−1する。
※補足 「サポート宣言終了時」は、
サポート等の宣言を行う手順の終了時を指します。
(「サポートを使用したとき」ではありません。
防御宣言〜バトル結果の間の手順を指します。)

変更後
このキャラが参加しているバトルのサポート宣言開始時、
自分のデッキを1枚破棄することができる。
破棄したとき、対戦キャラの元の基本能力の数だけ、
相手キャラ1体にAP−1・DP−1する。
※補足 「サポート宣言開始時」は、
サポート等の宣言を行う手順の開始時を指します。
(「サポートを使用したとき」ではありません。
防御宣言〜バトル結果の間の手順を指します。)
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

能力は開始時の効果のことを書いてるのに
補足は終了時のタイミングがいつかの説明。
誤植ってレベルじゃねーぞ!


CH-2722 テレサ=ベリア   <誤植訂正>
変更前
カード番号:CH-2722
変更後
カード番号:CH-2722C
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06)

変更前
カード番号:CH-2722C
変更後
カード番号:CH-2722
(公開 2010/08/02 施行 2010/08/06

どちらもカード番号の変更。
CH-2722とCH-2722Cがお互いに取り違えてたようだ。



今回の注目すべき点は環境を破壊しまくっていたカードへの修正。
そりゃあ長期間に渡り大会上位独占しまくったり
その他全デッキタイプに有利ついてりゃ修正もされるわな。
一つのデッキタイプがミラーをメタり始めたら終焉レベル。
久々の良エラッタを見た気がする。
これで大型キャラのデザインもしやすくなったね。
(たぶん企業としては最後の一文が本音だと思う)


タグ:エラッタ
posted by 有栖 at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | エラッタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158715185
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
こちらのランキングに登録しております。
カードゲーム
ゲーム・ブログ・ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。